ファッション関係 仕事

色々なタイプのスタッフがいる

アパレルアルバイトの中には、いろいろと洋服のコーディネートについて、お客さんに提案をすることもあります。

 

お客さんを見て、似合う組み合わせなどをいろいろと紹介することもあります。

 

そこで、アパレルアルバイトをするためには、自分の所で提供している洋服はきちんと情報を頭の中に入れておきましょう。

 

サイズがどれくらいのバリエーションになっているのか、色はどのような種類があるのかということをきちんと把握しておきましょう。

 

またすぐにお客さんに商品の提供ができるように、それぞれの服の在庫がどれくらいあるのかということもチェックしておきましょう。

 

アパレルショップは、女性の店員だけで構成されていることも少なくありません。

 

しかもスタッフと言っても、正社員として働いている人もいれば、派遣社員扱いで働いている人、アルバイトの店員など、いろいろなタイプのスタッフがいます。

 

そこで注意したいのは、女性ならではのトラブルが職場で起きる可能性があります。

 

職場の人間関係がきちんとしていないと、ショップの雰囲気が悪くなって、売り上げにも影響を及ぼします。

 

まずは雑用は誰もがやりたがらない傾向があります。

 

しかしそれを率先して引き受けるような姿勢を持つようにしましょう。

 

また仕事をしているときに、分からないことも出てくるかもしれません。

相手のプライベートに入っていくのはやめておこう

この時勝手な判断で対処をすることで、逆に店に迷惑をかけてしまうこともあります。

 

自分で対処できないような問題が起きた場合には、正社員の人に確かめるようにしましょう。

 

またほかの店員と仲良くなることはとてもいいことではあります。

 

しかしあくまでも仕事上の付き合いなので、求められてもいないのに相手のプライベートの所にどんどん入っていくのはやめておきましょう

 

一言で「アパレル」と言ってもカテゴリーがあります。

 

アパレルとは衣服・意味があります。

 

服はもちろん、アクセサリーや靴など服飾全般もアパレルに含まれます

 

アパレル販売員になりたいと言ってもどのカテゴリーを選びますか?

 

それをまず決めなければ踏み込めません。

 

おしゃれな下着屋さんもアパレルに含まれます。

 

それぞれの良さもあるので、自分が好きな物、適しているジャンルを選びましょう