ショップ店員 アルバイト

土日はかきいれ時

アパレルアルバイトですが、思っているよりも結構大変な所もあります。

 

その部分も考慮して、バイト募集の案件に応募するかどうかの判断をする必要があります。

 

まず、ショップにはお客さんは通常、週末に訪れることが多くなります。

 

週末は休日という会社が多いので、自ずと休日にお客さんが多く集まります。

 

逆にアパレルショップからしてみると、土日はかきいれ時と言うこともできます。

 

そこで、アパレルアルバイトの仕事をしていると、土日祝日は仕事が入ってしまう可能性があります。

 

特に夏や冬には、セールを実施するショップが多いです。

 

この時期には、連日休日平日関係なく仕事に駆り出されることもあります。

 

土日祝日は休みたいという要望を出すこともできるかもしれませんが、その場合最も忙しい時に仕事をスルーする形になります。

 

そうすると、どうしても同僚との間にギクシャクした感じになってしまう可能性が高いということを認識する必要があります。

 

またアパレルアルバイトはおしゃれで華やかな職業と思っている人もいるかもしれません。

 

しかし実際には、体力勝負な所があることも頭の中に入れておきましょう。

 

基本的に業務をしている間と言うのはずっと立った状態で、仕事することになります。

おしゃれに目覚める人も多い

ですから、体力に自信がないと、なかなか務まりません。

 

実際ショップ店員をしていると、足がむくんでしまうと言うこともあるようです。

 

朝はいてきたブーツが、夕方帰宅するころになると、むくんでキツキツの状態になってしまうこともあると言います。

 

アパレルアルバイトをすることで、おしゃれに目覚める人も多いです。

 

しかしそのことで、いろいろな洋服を購入することになってしまい、洋服代が今まで以上にかさむ可能性もありますので、注意しましょう。

 

アパレルのショップ店員になるには特別な資格は特にありません。

 

販売や接客業に対して言えることは、明るい笑顔・しっかりとした受け答え・お客さんとのコミュニケーション能力が必要になります。

 

明るい声を出せると、お店に活気が出るので自然と笑顔になってきます。

 

大きく明るい声を出せることも必要になってくるでしょう。

 

人気のアパレルショップでは、店員さんが1番の広告塔になるため、いつでも最新のファッションセンスを磨く必用も出てきます。